前から感じてることシリーズ

2019年01月14日

前から感じてることシリーズ。

世の中は、弱き善人に対し理不尽に出来ているなぁと思う。だからいい人を貫くには、そのいい人を守る別のだれかの存在が不可欠になる。ひとりでいい人のまま生きるのは危険すぎる。悪い人の餌食になりやすいからね。

誰かに守られ生きるのか、自分自身が守る立場になるのかの選択で、後者の立場を選び私は弱き善人をかなり前に辞めている。近寄る悪人は返り討ちにするよ?とか言いまくりつつ生てマース。ホーホホホ

だから、いつまでも誰かに守られ甘えてる人の事はあんまり好きじゃない。いい加減自分の事は自分でなんとかしなさいよとか思ったり。

でもそれよりもっと許せないのは、いい人を騙したり泣かしたりして餌食にする人達の事である。昔から、そういう善人面の悪人は懲りずに湧いて出る。やっていい事と悪い事の区別つかない、おまけに弱さを武器にしているような悪人はマジぶっ飛ばしたくなる。

そういう人たちに泣かされる人を少しでも減らしたい。だからこそ、守られてばかりじゃダメだよ、誰のせいにもせず自分で立てる人にならなきゃネ。​

いい人の皆さん、弱い善人やめましょう♪

nyaochin at 11:09コメント(0)

2019年01月11日

前から感じてることシリーズ。

友人が、最近「キラキラ起業女子」が増えていると書いていた。マジそれ思う。起業女子系ネットワークとかにハメられ高い金を取られ、仲間内だけで褒め合って、狭い世界でイイ気分に浸るという、マジで超絶キモイ世界です。

そういうところで失敗するのも経験値の一つとして、次のステップに行く人はいいのです。というか、本当に起業を維持できる人はいずれそうなるので、それはそれでいいわけです。高い授業料ってことで経験値になりますから。

しかし、最初から無理っぽい人達に夢を見せ金をとるビジネスは詐欺です!

起業はキラキラなんかしてませんゼ。
ひたすら地道な努力の積み重ねと、人に頭を下げまくる覚悟と、馬車馬のごとく寝ないでも働き、泣くときは一人、自分で涙を拭きひとりでも立ち上がるガッツないとダメっす。

時々は、プリ・リッチなホテルランチ食べるのも、たまにはそれもいいよね、ストレス発散に。
でも普段は朝起きたら仕事デスクに直行っす、頭の中オッサンですわ、起業家女子の現実はそんなもんだよ。



起業目指す女子に告ぐ。



キラキラなど捨てて、死ぬ気で仕事しまくんなきゃダメ。
少なくても起業5年間は馬車馬のごとく働くのが基本。
泣くほど辛いことがあってもひとりで立ち直れ!

人の何倍ものガッツでチャレンジする覚悟持て!

↑一応、これ応援メッセージです♪

起業19年のおばはんより



nyaochin at 12:11コメント(0)

2017年01月23日

前から感じてる事シリーズ。

絵本の中身をweb上で無料公開したことで、絵本本体の売り上げが一気にアップしたという芸能人の にしのさんの絵本、内容や絵があまりに素晴らしいので私も買おうかなと思ったり。

知名度プラス話題づくりでビジネスとして成功例な上に、買えない子供でも中身を読めるという社会貢献にもなり、一石三鳥。このやり方が成功した理由は「お金がない子供でも読めるようにしたい」という にしの氏の思いが本気だったからだろうと思う。

目的のどこかに「誰かのために」という思いがありそれが本気であればあるほど、先々ビジネスとしても成り立つ可能性は高いと私は思う。

そう思うのは、私自身もそういう経験あるからって事もある。

「ネットを通じて生命保険に関する情報を多くの人に伝えたい」と思ったのは今から17年前のこと。当時ネットに文章を書くことがお金になる時代ではなかったし、その私の思いを鼻で笑ったり、馬鹿だと批判した人達が結構いた、身近な人にも…(苦笑)。即お金にならない事に価値を感じない人は多いし、保険業界への社会評価は低いという現実もあるので、まあしょうがない事だけど。

 でも、私の頭の中には「自分がやりたいことはこれだ!」という強い思いがあった。だって伝えたいの、ネットならそれが実現できるから。

そして今、なんだかんだ言ってもそれがちゃんとビジネスになっている。
それだけで仕事が回るようになるまで10年以上かかってるので、そこは にしの氏とは全然違うけど(´Д`それでもやり続けるだけの強い思いがあるのか?って事なんだと思う。

で、当時鼻で笑った面々も今は普通に評価してくれてるし、私も、あの時笑ったの謝れよとかセコイことは思わない。世の中というのはそんなもんだから。
だから理解しない人や批判する人の言う事なんてほっといて気にすることないのさ、継続と結果によって10年もあれば人の評価は変わるよ。10年なんて、強い思いがある人にとってはあっという間だよ。

そして、産業や地域社会などの発展や成功のうしろには、どんなに批判されても相手にされなくても、誰にも理解されなくても、そこに情熱を注ぎ継続する「人」の思いが必ずある。ちなみに、発展を阻止するのも、実行せず批判だけする多数の、これも「人」。言うだけで実行なき人って自分で物事を成しえたことがない事を自分で表現してるだけだよ。言うは易しだからね。

それでも、まわりに関係なくやり続ける思いの先に結果がある。批判にめげるぐらいなら、本気の思いじゃないって事だよ。
というわけで、にしのさんの事は10年は注目して見ていようと思う。


2016年11月30日

前から感じてることシリーズ2
会社に勤めずにフリーランスで自由に生きるという生き方を推奨したりするブログとかセミナーとかあるよね。
最近ではこの人がハヤリ
http://www.ikedahayato.com/index.php/profile

ところで、何を隠そう(いや隠してないけど)、この私も、実はそういう生き方をしてますよ〜東京でw。自宅をオフィスに執筆とかの仕事で生活し、マンションのベランダで野菜作ったり、都会で自家製味噌作ったり、やたら楽しく暮らしてる。仕事はそこそこ忙しいかな。でも好きな執筆業で、細々でもご飯が食べられているので有難き幸せ。そして何より、あたしって、自由だーーーー!!自分の正しいと思う事をして、楽しく生きるってやっぱり最高!自由に生きるのに場所関係ないっす!都会でも田舎もOKさ♪
しかし、そんなことよりなにより、会社に勤めずフリーランスで生きていくってのは簡単でもなくて、そのための必須条件がある。そこんところを、今ハヤリの「数字入りタイトル」で書いてみよ〜
(個人的にはこの数字入り表現ってホントは好きじゃないけどねw)


『自由に生きたい人に必須の5つの条件』

その1.自由と孤独はセット
会社に行かずに生きていくと、ひとりの時間が増えるため、孤独と向き合う覚悟が必要となる。わたしのような「ひとり大好き人間」には向いてるけどね。ごく平均的で一般的な人には基本的にむいてないと考えた方がいいよ。しょっぱなから結構ハードル高くてスマソ。

その2.自由と責任はセット
起こった事すべて自分の責任であり、何事も自力で乗り越える覚悟が必要。責任から逃げたり他人のせいにする人は、常に自分に言い訳しなければならず「心の自由」が得られない。つまり、本当の自由にはなれないよ。
自由と責任はセット、という意識、これすごく大事。

その3.自由と人脈はセット
仕事や生活において、人とのつながりは必須であるが、自由に生きるためには更にこれが重要となる。出会った人はみんな人脈と思う感性が大事。あの人キライこの人キライと、嫌いな人が多い人は人脈が薄くなりがちで損をするし、そういう人に自由な生き方は向いてない。

その4.自由と情報はセット
ひとりで生き抜く術を身に付けるために情報は必須。知識と情報は自分を守る盾でもあり武器でもある。ネットサーフィンやネット検索が不得意な人は情報を得るチャンス減少するよね。どこでもいつでも情報を探せるように、パソコン、スマホ、タブレットなど複数のメディアを持つことも重要。

その5.自由とポジティブ思考はセット
生きていれば思わぬ想定外の事が起こったり、自分が悪くなくてもトラブルや不幸に巻き込まれることもある。自由に生きるには、そんな時でも自力で乗り越えるんだ!という覚悟が必須となる。そのため、どんな時でも「きっとなんとかなる」という思い込みや「乗り越えてみせる」という前向きな考え方が重要になる。人間の脳は「刷り込み」によって大きく影響を受ける。なんとかなる!と思う人はなんとかなるし、もしもうまくいかなかったらどうしよう?と思う人はうまくいかないのである。

番外編 自由と計算はセット
フリーランスなり独立起業するなりして生きていくなら、収支計算や確定申告や決算などが必須。計算できないとアカンので…頑張ってw。

というわけで、自由に生きるってのは意外と不自由? かもね。それよりも、ルールや多少の規制の中で、みんなと足なみを揃えて生きる方がよっぽど安心だし、その中で自分らしく生きるすべはそれなりにあると思うよ。

なにも、誰しもスナフキンにならなくてもいいじゃん?
500x363xd8b37b1d38549a55a5f8b627
https://matome.naver.jp/odai/2139801221943197301

ちなみに私が今、自由に生きていけているのは、そもそも「さみしがり屋ではない」という第一条件をクリアしていることがかなり大きい。そういうタイプの人にはチャレンジする価値はある。

何故なら、やっぱり自由ってすごーくイイのさ。自由最高だよん♪





2016年11月29日

前から感じてること。

性格が悪いなぁと思う人でも、その人が物事を理論的に考える…つまりなんていうか、ちょっと頭イイかも(勉強が出来る頭の良さとは違う)という人の場合、理論によって善悪を判断する事で、年齢と共に性格もよくなるという事を感じている。理論的に自分の行動や発言を振り返れるし、まわりからの指摘や非難も、理論的に考える事で受け入れられる事が増えるからだ。

反対にすごく性格のいい人でも、物事を感覚的にしか判断しない系の人の場合は、いずれは前者に追い抜かれ性格の良し悪しが逆転する、、、という気がする。

だから、頭が悪くても性格がよければ…とかいうのは、私は違うと思うのよね。

人の気持ちを考えたり、全体の中の自分の立ち位置を把握したり、物事を理論的客観的に考える、という訓練はとても大事だと思うよ、子供のうちからね。
 


☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード