板橋で働く女社長のBlog

仕事も子育ても両方やりたい主義で生きてきて、 気がつけば子ども達は大人の年齢に。 そして益々パワーアップしたアタクシ!?…の日常を綴ります。

保険ジャーナリストとして

「RINGの会」第16回オープンセミナー6月14日(土)

 6月14日(土)横浜みなとみらいパシフィコ横浜でオープンセミナー
テーマは『2024年、進化した保険代理店が業界を変える!』

セミナーの目玉は、出演者の豪華さにあり!
ライフネット生命の岩瀬社長や、金融審議会に深くかかわった増島弁護士、損保協会元理事の栗山氏などなど、豪華な方々が勢ぞろい。保険業界の皆さん、一日保険漬けでこの日を満喫しませんか?

*セミナー概要並びに申込み要領はHPを参照ください。
http://ring-web.net/os/

会場:パシフィコ横浜国立大ホール
日時:6月14日(土)9時開場、10時開演
参加費:1万円(お弁当付)
懇親会:17時30〜(希望者のみ)+8500円



以下、保険毎日新聞にて執筆した記事を掲載します。

■10年後の未来予想
6月14日 RINGの会 オープンセミナーを10倍楽しむ方法

日々の業務に追われていると時間の流れはあっという間に過ぎていくような気がします。時には、今の自分の歩く道が、10年前の自分が目指していたものと一致しているのかと振り返ってみることも必要かもしれません。
 それと同時に、10年後の未来を思いを描き、将来に向けてのビジョンを明確化していくことも大切ではないかと思います。
 とくに今、保険業界は色々な意味で転換期を迎えています。
 正直な所、10年前に予想をしていたよりもずっと厳しい時代が来ています。

続きを読む

新刊「小さな会社のための お金の参考書」

新刊出ました!
「小さな会社のためのお金の参考書」(幻冬舎)です。
 

この書籍は、30人以下ぐらいの会社のオーナー経営者の方に向けた、マネーブックです。

ファイナンシャルプランナー・社会保険労務士・保険コンサルタントなど、専門家20人のコンサルティングを3時間で学べる経営のヒントが満載で、とっても役に立つ内容!です。

帯にはこんなことが書かれてます。
『経営の世界には、知らなくても済むけれど、知らないと損なこと、あるいは知らないと大変な目に遭うことなどがたくさんあります。
まずは“知らず嫌い”をやめて、知ることに努めてください。
いつかこの本の何十倍、いや何百倍もの価値を感じていただける機会があるはずです。』

これ、私も心から同感!知っておいて損はない情報が非常に効率よく詰まった書籍だと思います。

私は、この書籍では監修者のひとりとして名を連ねておりますが(^^)、もうひとりの監修者であるFPの山本俊成氏と共に、内容の編集や執筆を行いました。

おかげで私自身が、20人の専門家のソリューションを誰よりも早く目にし、編集執筆しつつ「おおお〜これ役に立つううう!」と実感することになりました。読み込んで本当に良かった!

中小企業の経営者の方はもちろん、法人顧客を持つ保険業界の方にも参考になる内容です。。

以下、書籍内容を紹介。

-----------------------------
会社の問題はプロに聞け! 総勢20人の専門家による
1社に1冊欲しい、会社のための経営者のための参考書。

・生命保険で決算書が良くなる
・保険活用は最速の資金調達手段
・経費削減をしながらバランスの良い経営を
・中小企業にこそ地震保険で万全の備えを
・就業規則が社長の想いを伝える
・若くて勢いのある会社にこそ401Kを
・海外活用で法人も個人も新たな一歩を
-----------------------------

!!『最新保険ランキング2014年度版』執筆しました

51A98u2dKtL__AA160_
プロフェッショナル100人が厳選!!『最新保険ランキング2014年度版』が発行されました。

私は「最新保険ランキング」ほか約35ページ分の執筆を担当させて頂きました。

IMG_3342
顔写真入りwww(^^;


これは、いわゆる保険のムック本(ムック=写真や図表が多数ついている雑誌形式の書籍)で、昨年に引き続き同シリーズの執筆をしています。この一年のランキングの変化や新商品などの特徴を自分でも分析できるので、この仕事はとっても勉強になるから大好きなお仕事です。来年もあるとイイナアww(^^)


で、昨年のランキングと比較して感じたことを少々。

その前に、このランキングは保険のプロ100人によるアンケートを基に算出されていますが、その「保険のプロ」とは保険代理店の方々です。そのため、保険代理店が取り扱う商品が上位に来てしまうという事実は否めません。大手生保商品やネット生保商品にとってはやや不利な一面もあります。

しかし、昨年などはとくに、ネット生保商品や大手生保商品もそれなりにランクインしていて、現場のプロから見ても、価格の安さや返戻率の高さなどを公平に評価する声もあって、そのためこのランキングは、ある程度公平な評価と言えるのと感じてきました。

が、しかし!!

なんと今年はネット生保商品が軒並みランク外となりました。

その原因は、価格の安いネット生保商品に対抗して、保険会社各社が特徴的な商品や個性を活かした商品を開発・新発売しており、そのため、現場で保険商品を取り扱う保険のプロたちの評価が戻ってきた、ということが言えると思います。

またネット生保は今年、これまでに比べ新契約数が若干伸び悩み気味です。ある程度一巡したとも言えますが、保険代理店などの対面販売セールスを行う人たちが、自分たちの扱う商品に自信を取り戻して積極販売に打って出でていることの現れと、私は感じています。

実際に、各社の新商品を見ると創意工夫に富み、多様なニーズに応えられる仕組みとなっていて、スバラシイっす!!

そうやって互いに競い合ってよい商品を作ろうと頑張ることって、すごくイイコトだよね。

保険業界全体に、こういう健全な競争力をもたらす役目を果たしてくれたのはネット生保の登場のおかげなのです。
とっても嬉しい。ネット生保さん達ありがとう(^^)これからも業界にイイ風を吹かせください♪


というわけで、このムック本、興味のある方はゼヒ読んでみてくださいね。
一般の方向けの内容ではありますが、ランキングなどは業界全体の売れセンを分析できますので、保険業界の方々にもチョーオススメです!!



東洋経済生損保特集号 記事執筆

2012062700014433-1
東洋経済生損保特集号にて記事を執筆しました(^^)
数年ぶりの「営業職員覆面座談会」の記事です。

IMG_3184

大手生保の改革の課題について、現場で活躍されている優秀な営業職員の方4名から率直なご意見をお話し頂きました。さすが現場はスルドイ!と私自身も圧倒されたり感銘したり致しました。

取材にご協力くださった皆さん本当に有難うございます。

大手生保を少々斬り込む内容ですが(ゴメンね)、業界に対して、前向きに問題提起する記事としての役目を果たせたのではないかと思っています。

ところで、私は保険業界大好き人間です。

営業職員も保険代理店もネット専業も銀行窓販も含め、どの販売チャネルのことも等しく応援したい思いを持っています。ライバルチャネルが互いに競い合いながら健全に発展することが、我が愛する保険業界の未来にとって必要だと思うからです。

販売チャネルシェアの第一位にいる大手生保の営業職員の方々にはとくに頑張ってほしい、そのためにも、大手生保会社は、抱えている課題に対して目を背けないでほしいのです。たとえそれが何十年も延々と抱え続けている定番の課題でも、いつか解決できる道を探し続けてほしい。その覚悟を捨てないでほしいと願っています。

現場のプロ意識を消さぬ改革を、ゼヒお願いします!


最後に、会社を愛し現場で頑張る営業職員の方々に敬意をこめて、今後の益々のご活躍を心より祈念しております。



記事、是非読んでくださいね(^^)

社風は、働く人にチョー影響する

久々のお仕事ブログ更新でどうもすいません。

最近は執筆業がほぼ本業となっている私。
業界紙や経済紙の記事や、保険に関する書籍・ムック本などをはじめ、保険会社さんや大手代理店さんなどの印刷物やWEBの内容を書くことも多い。

という仕事の関係上、色々な保険会社の方々と直接あるいは間接的に接する機会が多々ある。すると保険会社それぞれの、性質や常識感に大きな違いがあることを感じる。

そして、同じ保険会社の人はみんなどこかしらに共通項があったりする。

同じ会社といっても数千あるいは数万単位の人が働く以上、人によって資質や見解が異なるのでは?と思うかもしれないが、実は、同じ保険会社の人なら地位や立場が違っても全国どこの人でも、どことなく似ているものなのだ。

社風というのはこんなにも人間に影響を及ぼすんだな〜と実感するものがある。

例えば、本社の人がとても親切だと営業職員の人も非常に温厚で明るい人だったり、
反対に本体が不親切だったり態度がイマイチだと、その会社の地域現場で働く社員は会社に不満を持つ人が多いとか…、そんなかんじ。
中にいれば気付かないと思うが、外側から客観的に見ると、そういうことは非常によく見える。

そして思うのは、誰だって自分の会社が好きだし愛社精神もあるから、ライバル憎しの気持ちはわかるけど、でもみんなでこの業界良くしよう、顧客に愛される信頼される業界にしようっていう使命を忘れないでほしいということ。
井の中の蛙になっちゃいけない、共に業界の未来を築く一員としての思いを失わないでほしい!と強く感じる。


私もその一員であり、同じ業界で生きる仲間のひとり。

みんなと一緒にこの業界をもっともっと良くしていきたいです(*´Д`*)



ところで、只今、近日公開される記事の執筆中。

我が愛する保険業界にもっと良くなってほしいという思いを込めて一生懸命に書きます!

仔細は公開後にお知らせ(^^)お楽しみに。

☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
PR
Recent Comments