2019年01月14日

弱き善人は、かなり前にやめました。

前から感じてることシリーズ。

世の中は、弱き善人に対し理不尽に出来ているなぁと思う。だからいい人を貫くには、そのいい人を守る別のだれかの存在が不可欠になる。ひとりでいい人のまま生きるのは危険すぎる。悪い人の餌食になりやすいからね。

誰かに守られ生きるのか、自分自身が守る立場になるのかの選択で、後者の立場を選び私は弱き善人をかなり前に辞めている。近寄る悪人は返り討ちにするよ?とか言いまくりつつ生てマース。ホーホホホ

だから、いつまでも誰かに守られ甘えてる人の事はあんまり好きじゃない。いい加減自分の事は自分でなんとかしなさいよとか思ったり。

でもそれよりもっと許せないのは、いい人を騙したり泣かしたりして餌食にする人達の事である。昔から、そういう善人面の悪人は懲りずに湧いて出る。やっていい事と悪い事の区別つかない、おまけに弱さを武器にしているような悪人はマジぶっ飛ばしたくなる。

そういう人たちに泣かされる人を少しでも減らしたい。だからこそ、守られてばかりじゃダメだよ、誰のせいにもせず自分で立てる人にならなきゃネ。​

いい人の皆さん、弱い善人やめましょう♪

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード