2018年12月30日

2018年も暮れ行くので年末のご挨拶など。

2018年もあと数日で無事に暮れる年末。今年も無事に終えることが出来て、ありがたき事ですわ。

この1年を振り返ると、とにかく忙しかった、という言葉に尽きる。昨年から引き続き仕事超忙しくひたすらに猛烈な勢いで原稿を書きまくる日々だった。尤も、これは私だけでなく保険系の文章書く人はみんな同じく多忙の模様。世の中が保険解説文を必要としている?らしい。

仕事全然ナッシングという時期も経験あるので、こう仕事が多いと、ありがたき幸せを感じると同時に、この状況いつまで続くのかなあという懸念も同時に感じている。こういうハヤリみたいなものは波があるからね。

とりあえず今は今の仕事山ほどある環境を満喫しとこうと思うが、次の時代のことを考えていかないと…、とぼんやりながら数年先を見ている自分。時代は常に動くもの。だから変化なきものには衰退の道が待っている。これはいつの時代も、どんなものでも、場所でも、規模の大小にかかわらず共通していると思う。

でも私はほんとは地味にコツコツ積み重ねや継続が大好きで、変化しまくるの得意じゃないのよね。それでも、自ら変化しないものに未来はないという理屈だけはよーくわかる、理屈だけはネ(^^;

実は年末に新たな分野の仕事の打診があり、得意じゃないから…と最初は遠慮気味だったが先方様の熱心なメールを受けて、挑戦してみようかな…という方向に気持ちが傾きかけている。目指せプチ変化への挑戦!
まだ未確定ではあるが、決まったらいずれ報告するので乞うご期待。


ところで今年2018年の春、長年参画してきたインスウオッチ(保険業化向け有料メールマガジン)の代表取締役に就任した。自社エヌワンエージェンシーインスウオッチ、2社の有限会社の代表兼務となった私。

代表になったことを期に、インスウオッチではこの一年で実務管理作業などのシステム化を進め自分含むメンバーの労働時間を効率化する改革を図る、という足固め的なことをしてきた。また、私自身も新たな業務が増えたため他の業務とのバランスをどうとるかなど、感覚を掴むのにやや時間を要してきたがボチボチ慣れてきたところである。インスウオッチは中崎章夫氏と石井秀樹氏という業界重鎮の両ジャーナリストという看板あっての媒体であるため、お二人に長く頑張って頂ける環境を整える事が私のミッションと考えている。来年度も、両氏が更に仕事しやすいようプチ改革を考えていく。

という具合に、日々原稿を書きつつも、システム管理・経理&収支管理、外部との打ち合わせ、更には保険営業など、複数の業務を同時進行するという仕事のやり方をしている。尤も、性格的に色々なことに興味津々で落ち着きなく散漫な私には複数同時進行が合っているのだろう。来年も、このまま落ち着きなく生きていくと思う(笑)



そういえば、先日初稿を書き終えたばかりの書籍は、多分年明け校正などをして初春頃には出版になる。6冊目の著書が出るのうれしい。


そんなわけで、2018年も無事に暮れてめでたい。皆様のお陰と、私を取り巻くすべての人達に心から感謝している。来年も粛々と、そして常に興味津々?で、お引き受けした仕事に感謝し心を込めて取り組みたいと思う。

みなみな様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m




コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード