アタクシの受ける手術は「頚椎椎弓形成術」というそうナ。

情報を見る限り案外立派な手術。何しろ全身麻酔だし。でも本人は寝てるからあっという間に終ることになるだろうけど。

この病気は、頚椎(クビ)の脊髄神経の通り道が圧迫されて起こっているので、 その圧迫を取って、脊髄神経の通り道の空洞を広げるという手術内容です。ちなみに頚椎椎弓除圧術っていう言い方もするらしい。圧を取るから除圧術。


手術の内容を具体的に書くとネ・・・フフフ
(以下、グロい表現が続く。食事中の人はご注意を)


まずクビの後ろを切り込み(ドヒー)

背骨の後ろ側の骨を削って、というか割ってグワーっと広げ
(ウゲゲー)

圧迫されてる脊髄神経の、その圧迫をとるわけです。
(バキバキ〜)

んで、グワ〜っと広げた間に、人工骨を入れ、骨にアナをあけて(グイイイ〜ン)

人工骨と骨を縛り付けて固定する〜という、とってもグロい手術ヨ。うふふのふ♪

ちなみに、頚椎4〜5個に同じことをするそうナ。ヤッホーイ

わたくしメは手術中はグッスリ寝てるからワケワカメだけど。
(グオー、スピー)

術後4〜5日はクダに繋がれっぱなしで痛みや熱にうなされるコトになるであろう。(いでででので〜)

ま〜、一応切るわけだから、しょうがないでしょうナ。
ホホホのホ


ところで、この手術の写真や映像はネット上に多数ありますが、 血を見るのが怖いアナタは調べてはいけませんゼ。
グヘヘヘ。

グロくないけどリアルなCG画像はコチラ↓
http://www.sekitsui.com/4syujyutu2/index1-2.html

そのようなグロい手術を目前にしてもアタシがヘラヘラできる理由は、元々痛みに強い、血が怖くない、重症の長期つわり&難産出産経験2回というツワモノということもありますが

現状で言うと、あたしはもう殆ど歩けない子ちゃん♪♪
正確には、痛いけど10mぐらいなら杖があれば歩けるので、家の中で杖をつくということになっている。(^^; なので外に出るのはタイヘンでごじゃります。そして足・手・腰・背中〜と、顔以外の全部がイタイイタイの痛いでしゅーという状況。こうなると、手術でもナンでもとっととやって回復を期待できる方がマシなのだす。

回復率の高い手術らしいので、自分も心配してないので皆さんもご心配なく〜。

・・・と、グロいことを書いておいて、無責任に言う。

ウケケ (・∀・)つ