2007年02月01日

軽率すぎる人

機械で装置

柳澤伯夫厚生労働大臣が、女性を「産む機械」に例えちゃった話で今にぎわっているけれど、なんでそんな馬鹿なことを言ってしまったのかと思い、前後の話を調べてみたら、こう言ったそうである。

「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」

 

げげ。

これはヒドすぎてフォローのしようもない。っていうか、このヒト、ホントに厚生労働大臣??

こんなことを言ったらドひんしゅくをかうのは、中学生の男子にも想像がつきそうではないか。なんともはや久々に見た、超ド級の救いようのないヒトである。

差別発言とか女性軽視とかいう問題以上に、

軽薄すぎて話にならない。

どうしてこんな人物が、よりによって厚生労働大臣をやっているのか・・・

正に日本の恥。ですよね・・・

 

恥ずかしいので早く辞めて欲しい。

 



トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by naonao4179   2007年02月13日 00:59
すっぴんだす。
公人を意識してないセイジカがやたら多くて、
ほんま、ダメダコリャ。
後から「反省してます」なんて言っても
遅いっつーの。
選挙を意識しての反対派の意見もそらぞらしくて、ヤダねぇ。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード