本日は地元の異業種交流会の新年会に参加した。その名も巣鴨ジュニアクラブ巣鴨信用金庫が主催している、2代目を中心とした45歳以下の若手経営者の会である。(ちなみに45歳を過ぎると卒業して巣鴨クラブに昇格入会する)

私はこの会に参加して既に10年なのだが、今迄は自分の参加する支部の定例会に出席するだけだったのが、今日はブロックの合同新年会ということで他支部の人達とも交流が持てたことで、非常に興味深い場となった。

全員地元の企業経営者で、中には数代続いている企業もあるし新たな別事業を同時進行している人などもいる。それぞれに思いがあり、また専門分野があり、目指すものや夢があった。今迄、支部内メンバーだけでは殆ど聞くことの無かった区政に関する話題や地元貢献に関する話題など、自分が興味ある話題を語り合えたこともとても有意義だった。色々な人と出会いそれぞれの考えや体験を耳にすることは、とてもプラスになる。

本来、地元企業の交流会とは、ただ楽しいだけでなく、学ぶものや有意義さを兼ね備える場であるべきだと私は思ってきた。

今日はそれを実感できて良かった。忙しいさ中、参加して良かったよ〜。