2004年07月24日

仕事の面白さは、仲間で決まる

 長野への出張から無事帰還。

 私が参加している事業の一つで、長野県に本社がある。業務は保険代理店。このメンバーとは組んでから3年になる。

 ここの社長とは性格的に非常に相性がよく、本音を話せる大切なビジネスパートナーでもある。本音を言える分、時々ぶつかることもあるが、それでも認め合える感覚を双方が持っているという点で信頼関係が抜群に高い。

 仕事で人と組むとき、安心して背中を見せられる相手というのは非常に貴重だと思う。そういうビジネスパートナーを何人見つけられるかが、仕事を楽しくする要素だと私は思っている。ひとりで出来る仕事には限りがあると、以前にも書いた。仲間って大切だよね。

 信州では、営業と会議を交互にこなした。人が増えつつあるこの会社には、今後、組織としての新たな体制が必要になってくる。そこに自分がどれだけ貢献できるか、と、考えつつ新幹線で帰路についた。

 信州の山並みや染み入る緑の景色はとても美しかった。
ついでに温泉も最高だった。

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by fukusuke   2004年07月25日 15:30
いい表現ですね〜。背中を見せられる仕事仲間って。
そうなんですね。仕事は中身も大事だけど、誰と仕事をするか(上司、お客さん、ビジネスパートナー)ですね。

僕の場合も「楽しくなくっちゃ仕事でない!」がモットーです。その意味で、誰と、が一番大事です。

あ、”旅”もそうかな。

 @福助

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード