今年も、週刊東洋経済臨時増刊 生保・損保特集2016年版で記事を執筆しました。
「営業職員による覆面座談会」 毎年この記事を担当しています。
14484785_1209881349084715_8233631727825883155_n
というわけで今年も、大手生保営業職員の方々に、取材にご協力をいただきました。協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。

毎回、成績優秀な方々にご協力をいただいておりますが、優秀な人というのはいつでも前向きで、何事にも協力的で、謙虚でもあり、何度も頭が下がる思いになりながら、取材をさせていただきました。

そんなみなさまの気持ちを伝えるべく、結構悩みつつ書きました。

とくに大手生保業界で働く方々にとっては、スルドイ部分や耳の痛い部分も多々あるとは思いますが、保険業界の更なる発展のためには、現場で働く営業職員の方ににとって、より働きやすく、遣り甲斐ある職場環境であることが大切だと思います。そのためにも、目の前の問題と同時に、長年かかえる問題にも目を背けず、本質的な改善を目指すことを諦めず、チャレンジし続けて頂きたいと感じます。
働く人たちが幸せでなければ、顧客を幸せにすることもできないのでは?これビジネスの基本でもあると思います。

14390917_1209881155751401_2004756486962591754_n
保険業界があたらしい未来に向けて、愛される業界として更なる発展してほしいという思いを込めて書いてます。ぜひ読んでくださいね。

&現場で業界を支える営業職員のみなさんに、心からのエールを贈ります。
保険業界ラブ♪なわたしでした。(^^)