遅ればせながら…謹賀新年。

今年も恒例の御節作りをした。
IMG_0900


娘達も22歳と19歳と大きくなったこともあり年末年始に家族揃う時間も減りつつあるが、本来、年末年始は家族過ごす行事である!と私は強く思う次第。
なので年越しそばやオセチをバッチリ作り、奔放な娘共にプレッシャーを与える母しております。

例年に比べると品目は少ない。何しろ持病の頚椎のビョーキで足腰痛があるので長時間ぶっ続けで料理できないので、作っては休み、休んでは作ってのスローペース。でもまぁそれなりに出来たのでヨシとしよう、うん。

今まで当たり前に出来たことが出来なくなるというのはそれなりにストレスもあるのだが、しかし人間には「慣れる」というスバラシー能力があり、今や、足腰痛いのは私にとっては普通の日常的な環境となっている。慣れてしまうと工夫すればやれることは沢山あるのであーる。

んなわけで、料理もオセチ作りも、時間さえあればナンとかなるのであった。

今年は、この慣れの能力を更に発揮して自分の出来ることの幅を広げていこうと思っている。

自分の病気と不景気の影響下で、収入が減少しそれなりに生活が苦しくはなったけれど、しかしその分、時間は増えた。過去の、嵐のように過ぎていく日常とは全く違い、日々当たり前の日常を過ごせることに生きる実感を持てることに幸福や満足を感じている。

人の幸福感というものは、お金でも健康でもなく、多分「私は今、生きているのだ」とハッキリ実感できる時間をどれだけ長く過ごせるかにあるのでは、ということを思う次第。

ところで、年明け早々ちょっとイイことがあった。

自宅内でふと立ち上がった瞬間に、グキっという強い痛みが左足股関節の外側に起こり思わずうずくまったのだが、ナゼがその後から、今まで日常的に同場所にあった強い痛みが軽減された。今までは常に強い痛みがあったが、今は動かす時に痛む、という具合になったのである。
コレってすごい違いなんですが。何が起こったか知らんけど?

脊髄神経の圧迫が減って改善されたのか?はたまた麻痺が進んで痛みを感じなくなっただけなのか、真相は知らないが、とりあえずヨカッタにゃ〜ん。やっほーい

てなわけで今年もイイコトあるに違いない。がんばろう!


追伸
毎月連載原稿なども抱えている故に、めっきりこのブログもおろそかになっているが、趣味のブログの方は気楽?なこともあり、適度に庚更新しているのでこっちもどうぞ。