昔、子どもが大きくなったら何を支えに生きていけば良いんだろうか?と漠然とした不安を感じたりしたものだが、しかしそれは無用な心配であった。だってアタシ、性格的に寂しがり屋ではないので、案外平気なモンだなぁ〜と年を追うごとに実感している次第。

というわけで最近のアタシは、おひとり様人生を楽しんでいる。

それに娘達も大きくなったので、今は ただ無責任に可愛がっていれば宜しいということになって気分的にラクになった。長いこと義務と責任で自分をがんじがらめにしてきた日々とも、そろそろオサラバできるかと思うと非常に喜ばしい。ま、次女がまだ未成年なのでもうちょっと責任は続くけどネ。

足腰が悪くなって思うように動けないのがチョット難ではあるが、でも、ここ数年の私はアウトドアーでもなく運動嫌いだったので、もともとアクティグになりたいような願望が無いから、コト無きを得ている。きっとスポーツマンな人が今の自分と同じ状況になったら極度のストレスを感じるであろうけれど、私の場合はそれほど大きなストレスにはならずに済んでラッキー。

昨年から始めた趣味のベンラダ菜園は、最初は足腰悪いからもう出来ないかなーと思ったりもしたが、しかし色々と工夫をすればやってやれないことはない、と最近発見した。背の低い葉っぱモノのお野菜はベンチや台の上に乗せて育てると腰が痛くても世話しやすい。種や苗から肥料や資材まで、すべてインターネットで注文すれば玄関先まで宅急便屋のオニイチャンが届けてくれる。だから今年もベランダ菜園を継続することにした。

体が悪くても、工夫すれば出来ることは結構あるのだ。人間には順応力というスゴイ力があるんだニャ〜。

仕事面では色々と模索中。この体になって出来なくなったこともモチロンある。でもその代わりに、今まで自分の中で遠慮したり遠回りしたりしてやらなかったことも「生きてるうちにナンでもやっておけ」という心境になり何でもチャレンジしてみようという気になった。

というわけで、これからが色々と楽しみな今日この頃。