というわけで、誕生日が過ぎて40代になった私。

 40歳になる直前までは「40歳の誕生日をマジで自分で喜べるのかなぁ、アタシも一応女性だし独身だし」と考えたりもしたのだが、実際になってみると・・・

 40代って、イイカモ!

 だってサ、40代というだけで、なんだか30代よりも信用アリそうじゃん。

 思えば30歳を過ぎてからは、仕事でもっと認められたいとか、もっと人から信用されるだけの器がほしいとか、そういう願望の方が強くて、そうなるためにどうしたら良いものかと試行錯誤もしてきた。

 また、年齢が上の女性陣と同じ結果を出しても、同じように認められないことに理不尽さを感じたりもしたっけ。

 でもねぇ、年齢と共に自然について来るものってあるんだよね。というか、年齢が伴わないと得られないものがあると言った方がいいかも。

 あの頃は納得がいかなかったけれども、今ならよくわかるんだ。

 高橋がなり氏の相談ブログで、30歳代のキャリアウーマンが正当な評価と権限を持てないことに悩んでいる相談があって、それを読んでいて「あ、コノヒトと同じことを私も昔思っていたかも」と感じた。

 そして、がなり氏は「評価は遅れてやってくる」と表現していた。

 ホントにその通りだと私も思う。

 私もあの頃は、相談者の女性と同じように、今すぐ評価がほしくて仕方が無かったっけ。

 でも、年齢と共に、回りの評価じゃなくて自分の満足いく仕事をしようというように気持ちが変わっていった。その発想に至る=年を取る、ということなんだろうな〜、なんて今では思う。

 私の実姉から来た誕生日のメッセージも、「40代はイイヨ」だった(笑)

 うん、よくわかるよ。

 こんなにパラダイスな心境が待っているとはね。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング  ←今日は何位かな〜?