私の本業は物書きだ。とくに、創作文よりもジャーナリズムなど事実の解説文が得意分野。しかも保険のことならモット得意。

 というわけで、私って「保険ジャーナリスト」が本職なのだ。保険って一般人には難しくて良くわからんモノなのだけれど、そういうのを普通の人が読んでもわかるように、なるべくわかりやすく書くっていうのが自分の目指すところでもある。

 その理由は、自分も以前は保険のことなんて全然知らなかった。でも、初めて保険の勉強を始めたときに「保険ってナンテ便利な制度なんだろう!」と素直に感動したワケ。知らなかったからこその素直な感動だった。そして、その時感じた思いを皆にも伝えたい、というのが自分が物書きをしている理由だ。

 そんなわけで、そういう自分の素直な感動をベースとしたものを書くのは得意なのだが、しかし、何かを批判したり暴露的に誰かの悪口を書くのは非常に苦手である。書いてるうちに空しくなって、悲しくなって、何度もキーを打つ手が止まる。

 だがそういうことを書くべきと思うような事態が週末に起こった。

 明治安田生命が行政処分を受けるという業界では大きなニュースが流れた。
 同業界人として本当に悲しく空しくなるようなニュースだった。どうしてこんなことしてくれたのかと明治安田に腹も立った。でも、明治安田の中で真面目に仕事している大勢の人がいる事実にも思い当たるので、そういう人達の気持ちを思うと本当に残念でならなかった。

 私の大好きな保険業界を腐らせないでほしいと心から願う。

 詳しくはこちら


 ブログランキング 今日は何位?