保険ジャーナリスト森田直子のBlog

板橋区の片隅でヒッソリと保険ジャーナリストしてます。(有)エヌワンエージェンシー代表取締役、インスウオッチ発行人。2010年11月に頚部脊柱管狭窄症で手術を受け足腰がやや不自由な身となりましたが、なぜか原稿書くスピードはどんどん速くなり日々原稿書きに追われております。仕事&シングルマザー生活&趣味のベランダ菜園など自由に書いてます。

損得とか裏技とかお宝とか騙されるなとか罠とか、保険にはそんもんニャイ

損得とか裏技とかお宝とか騙されるなとか罠とか、保険商品系の記事や書籍のタイトルにそういうのがよく使われたりするが、その手の、まやかしや脅しで読者の目を引くような、小手先のタイトルが私は大嫌いなんである。

しかし記事や書籍のタイトルとは最終的には報道会社や出版社が決めるので、必ずしも筆者自身の意向ではない場合もある。タイトルで目を引くよう創意工夫し、そして多くの人に買ってもらわなきゃ始まらない報道&出版社側の事情もあるので、ある程度は致し方なく、私自身もお任せしたり譲歩したり、あるいは自ら小技を使ってみる時も実はあったりして。ま、大人の事情というかね…。度が過ぎない程度なら多少はゆるちてチョ。(オイ

しかし本当は、保険には裏も表も技もないのである。
あるのは、人によって必要な保障が異なり、販売する側も人により価値観に違いがあるということだけである。

例えば大手生保商品というだけで悪く言いまくる内容の本ばかり出してる執筆家もいる。甚だ偏った知識でテケトーなことを尤もらしく書いてることも多い。本当の専門家達からは全く相手にされてないが、しかしセンセーショナルな毒タイトルを付けるので、出版社にとっては使い勝手がいい?のかもしれない。

そしてここ数年そんなタイトルばかり持ち上げるメディアの影響を受けたのか、業界全体がそういう方向に傾いてる気がしなくもない。目を引き興味を引き加入者をまやかし、とりあえず契約とれたもの勝ちの的な目先のマーケティングに走る空気に懸念を感じる。

マーケティングは今だけ売る為に使うもんじゃない。問題を先送りにするのは次世代に負の遺産を残す。それでいいのか本当に。保険業界の皆さんは、もっと広い目を持つべきでは?

てなわけで、保険に関して、まやかし的文言に惑わされてはいけないよ〜、一般のみなさまもネ。

占いとビジネス

最近、生年月日などから判別する性格や運勢診断、つまり占い的なものをビジネスなどでの人間関係構築に役立てる、というようなのが流行ってるらしいが、私そういうのほんとナンセンスだと思うわ。



心理学などでの性格診断ならまだわかるけど、生年月日ってカンケーないじゃん。それに、生まれる日って出産時の病院の都合で1日ぐらいズレること結構あるからね。生年月日で人間は決まらないよ。

それを大真面目にビジネスに取り入れ人間関係構築に役立てるとかアリエネーと思うわけ。

と、こんなにディスっておきながら、占いとか実は大好きさ♪キャー(オイ

今日の運勢は〜とか絶対見ちゃう系。ラッキーアイテムとか、幸運を呼ぶナントカなどすっごく興味津々よ。さっきもテレビ通販でやってた幸運を呼ぶネックレス(2万円弱)買いそうになったし。細木和子の六星術の本も毎年絶対買う派。今年の私の運気は「安定」。ホホホ

占いって面白いわよね、ホーンと。

私って、いろーんな種類の占いするたび「大器晩成型」と言われてきたよ、多分当たってる。

そんな私は努力家の木星人マイナスで、動物占いでは新しい物好きの黒豹で、几帳面な性格のA型で、執念深い巳年で、神秘的で自分の世界で生きてる変人のうお座です。いや〜マジで当たってる?

(笑)

占いって楽しむものよね。

ところで、手相ってのも当たるなあと思うのだが、過去に何度か手相見てもらった中でビビったのは、26年ぐらい前、当時次女生まれたばかりで夫婦仲が最も良かった時に手相見る人から「あなたは離婚する」と速攻で言われた事、当時は笑って聞き流したが、その3年後に離婚(苦笑

そして20年ぐらい前には「大病するが生き残る」と別の手相見る人から言われた。その10年後に頚椎疾患で手術となり若干足腰不自由となるが生き残り今に至る。

手相ってスゲ〜!

占いは世界を救う、多分。


弱き善人は、かなり前にやめました。

前から感じてることシリーズ。

世の中は、弱き善人に対し理不尽に出来ているなぁと思う。だからいい人を貫くには、そのいい人を守る別のだれかの存在が不可欠になる。ひとりでいい人のまま生きるのは危険すぎる。悪い人の餌食になりやすいからね。

誰かに守られ生きるのか、自分自身が守る立場になるのかの選択で、後者の立場を選び私は弱き善人をかなり前に辞めている。近寄る悪人は返り討ちにするよ?とか言いまくりつつ生てマース。ホーホホホ

だから、いつまでも誰かに守られ甘えてる人の事はあんまり好きじゃない。いい加減自分の事は自分でなんとかしなさいよとか思ったり。

でもそれよりもっと許せないのは、いい人を騙したり泣かしたりして餌食にする人達の事である。昔から、そういう善人面の悪人は懲りずに湧いて出る。やっていい事と悪い事の区別つかない、おまけに弱さを武器にしているような悪人はマジぶっ飛ばしたくなる。

そういう人たちに泣かされる人を少しでも減らしたい。だからこそ、守られてばかりじゃダメだよ、誰のせいにもせず自分で立てる人にならなきゃネ。​

いい人の皆さん、弱い善人やめましょう♪

新年早々吠える。キラキラ系起業女子に告ぐ

前から感じてることシリーズ。

友人が、最近「キラキラ起業女子」が増えていると書いていた。マジそれ思う。起業女子系ネットワークとかにハメられ高い金を取られ、仲間内だけで褒め合って、狭い世界でイイ気分に浸るという、マジで超絶キモイ世界です。

そういうところで失敗するのも経験値の一つとして、次のステップに行く人はいいのです。というか、本当に起業を維持できる人はいずれそうなるので、それはそれでいいわけです。高い授業料ってことで経験値になりますから。

しかし、最初から無理っぽい人達に夢を見せ金をとるビジネスは詐欺です!

起業はキラキラなんかしてませんゼ。
ひたすら地道な努力の積み重ねと、人に頭を下げまくる覚悟と、馬車馬のごとく寝ないでも働き、泣くときは一人、自分で涙を拭きひとりでも立ち上がるガッツないとダメっす。

時々は、プリ・リッチなホテルランチ食べるのも、たまにはそれもいいよね、ストレス発散に。
でも普段は朝起きたら仕事デスクに直行っす、頭の中オッサンですわ、起業家女子の現実はそんなもんだよ。



起業目指す女子に告ぐ。



キラキラなど捨てて、死ぬ気で仕事しまくんなきゃダメ。
少なくても起業5年間は馬車馬のごとく働くのが基本。
泣くほど辛いことがあってもひとりで立ち直れ!

人の何倍ものガッツでチャレンジする覚悟持て!

↑一応、これ応援メッセージです♪

起業19年のおばはんより

2018年も暮れ行くので年末のご挨拶など。

2018年もあと数日で無事に暮れる年末。今年も無事に終えることが出来て、ありがたき事ですわ。

この1年を振り返ると、とにかく忙しかった、という言葉に尽きる。昨年から引き続き仕事超忙しくひたすらに猛烈な勢いで原稿を書きまくる日々だった。尤も、これは私だけでなく保険系の文章書く人はみんな同じく多忙の模様。世の中が保険解説文を必要としている?らしい。

仕事全然ナッシングという時期も経験あるので、こう仕事が多いと、ありがたき幸せを感じると同時に、この状況いつまで続くのかなあという懸念も同時に感じている。こういうハヤリみたいなものは波があるからね。

とりあえず今は今の仕事山ほどある環境を満喫しとこうと思うが、次の時代のことを考えていかないと…、とぼんやりながら数年先を見ている自分。時代は常に動くもの。だから変化なきものには衰退の道が待っている。これはいつの時代も、どんなものでも、場所でも、規模の大小にかかわらず共通していると思う。

でも私はほんとは地味にコツコツ積み重ねや継続が大好きで、変化しまくるの得意じゃないのよね。それでも、自ら変化しないものに未来はないという理屈だけはよーくわかる、理屈だけはネ(^^;

実は年末に新たな分野の仕事の打診があり、得意じゃないから…と最初は遠慮気味だったが先方様の熱心なメールを受けて、挑戦してみようかな…という方向に気持ちが傾きかけている。目指せプチ変化への挑戦!
まだ未確定ではあるが、決まったらいずれ報告するので乞うご期待。


ところで今年2018年の春、長年参画してきたインスウオッチ(保険業化向け有料メールマガジン)の代表取締役に就任した。自社エヌワンエージェンシーインスウオッチ、2社の有限会社の代表兼務となった私。

代表になったことを期に、インスウオッチではこの一年で実務管理作業などのシステム化を進め自分含むメンバーの労働時間を効率化する改革を図る、という足固め的なことをしてきた。また、私自身も新たな業務が増えたため他の業務とのバランスをどうとるかなど、感覚を掴むのにやや時間を要してきたがボチボチ慣れてきたところである。インスウオッチは中崎章夫氏と石井秀樹氏という業界重鎮の両ジャーナリストという看板あっての媒体であるため、お二人に長く頑張って頂ける環境を整える事が私のミッションと考えている。来年度も、両氏が更に仕事しやすいようプチ改革を考えていく。

という具合に、日々原稿を書きつつも、システム管理・経理&収支管理、外部との打ち合わせ、更には保険営業など、複数の業務を同時進行するという仕事のやり方をしている。尤も、性格的に色々なことに興味津々で落ち着きなく散漫な私には複数同時進行が合っているのだろう。来年も、このまま落ち着きなく生きていくと思う(笑)



そういえば、先日初稿を書き終えたばかりの書籍は、多分年明け校正などをして初春頃には出版になる。6冊目の著書が出るのうれしい。


そんなわけで、2018年も無事に暮れてめでたい。皆様のお陰と、私を取り巻くすべての人達に心から感謝している。来年も粛々と、そして常に興味津々?で、お引き受けした仕事に感謝し心を込めて取り組みたいと思う。

みなみな様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m


☆著書のご案内☆
アクセス解析
アクセス解析
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
Recent Comments