2020年02月12日 09:38

【前から感じてることシリーズ】
お久しぶりのブログ更新で毒を吐く(・∀・)

メールよりもチャットの方が業務上リアルタイムでよろしいという意見の人が多いみたいですが、そういう人は普段から私と仕事のやり方違うんだろうなと、実は思っている。

あ、でもチャットは1対1の業務では私もよく使う。それから雑談するのもチャットの方がいいね、雑談はアイデアを生む。雑談と業務のラインがはっきりしないチャットがホント非効率だというハナシ。

とくに仕事上のやり取りでメールの方が格段にイイのは、何年前のメールだろうと探し出すのラクで速いから。まあフォルダ分けとかちゃんとしてること前提だけど。あと私のメールはタイトル見ると中身想像できるようにしているので自分がかかわる仕事メールは、最初から探しやすくできているということもある。

そして、例えば1年に一度の仕事をするときは同じ時期のメール必ず見返すのが私にとっては当たり前の作業で習慣でもある。だって一から思い出すの大変でしょ。最初にざっとおさらいする方が効率いいに決まってる。

でも、そもそもそういう習慣がない人にとってはあらゆる面でチャットの方が早いというのはわからなくもない。
1年前に自分が何を言ったかなんていつも忘れてる人にはね…。
こまるのはチャットの雑談の中に重要情報が埋もれること。それ探したり思い出したりするのメチャ大変っすよ、私は実際に検索したり探したりするので、メールの方がその作業時間十分の一ぐらいで済むから。

1年前や3年前や5年前の経験や失敗を毎度また一からやって、そして忘れる。
まあそれでもとりあえず何とかはなるだろうけれど、リスク管理という面では非常に危険だと思うね。

ということで、チャットを複数人で行う業務で使うのはリスキーで非効率だと思う、というハナシ。(*`Д')



2020年01月01日 18:33

2020年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
1758

昨年を振り返ると仕事に関して環境が大きく変化する中を駆け抜けた一年だった。

一番大きな出来事は、20年来の仕事仲間であり師匠でもある石井秀樹氏が平成最後の日に旅立ってしまった事である。石井氏がいないという喪失感から気持ちを切り替える事に少し時間がかかった。石井氏の業務を一部引き受け、態勢を整え直し、慣れないルーティンサイクルを進行することに緊張の連続でもあった。
やるべき事や決断する事が次々と降ってくる中、友人の「経営者の仕事は、決める事」という言葉に動かされた。

28年間続けた保険営業という仕事からの卒業という決断も、その一つ。
様々な段取りと交渉を経て10月末に全手続きを終えた。

保険代理店として完備していた書類やパンフレットなど、大量の紙を廃棄しキャビネットが半分カラになった。長い努力の軌跡を手放すことへの複雑な思いと、お客様への溢れる感謝の念が入り混じる。万感の思いで心がざわついたが、その間も絶え間なく原稿依頼が続き、大量の原稿を粛々と書き続ける事で気持ちを立て直した。

駆け抜けて通り過ぎた一年だったが、弊社にとっては起業以来、最も大きな変革の一年でもあった。

西暦2000年インターネット幕開けの時代に「インターネットを通じて多くの人に保険の情報を伝えたい」という夢を持って起業した。あれから20年がすぎて、夢は現実となり、単なる普通の仕事へと化している。夢を叶えることはゴールではなく、スタートの位置にたどり着いたにすぎないと実感している。

自分のやるべき事は保険に関する情報を業界内外に広く伝えることにある。20年前に思い描いたその道を、これからも歩き続ける。

2020年も、平常心で粛々と、けれど心の内には熱い炎を燃やしながら、自分のやるべきことをやり切れる一年でありますように。






2019年06月27日 12:07

本業である保険ジャーナリストのお仕事として、経済誌2誌の保険特集において、ランキング評価委員として参画しております。

代表的な経済誌2誌ですが、それぞれのランキング、ちょっとづつ違いもあったりして比較すると面白いです。
各誌なりのこだわりの一端も見えてそれも大変興味深いです。
ちなみに2誌ともに高評価の商品は、やっぱりいい商品だと思います。

517I9d+FTgL._SX373_BO1,204,203,200_ 515N82NfxsL._SX373_BO1,204,203,200_

保険業界の人もそうでない人も参考にしてくださいね。




前から感じてることシリーズ

私以前から、社会的地位とかそういうものはあまり気にしないタイプなんですけど、周りにはそういうことをやたらと気にする人がいて、どうしてそんなにこだわるのかねーなんて思ったりしてます。
 

まぁ人から褒められるのはとっても嬉しいし有難いけれど、褒められなくても自分がいいなーと思えることの方がいいような気がします。
 

それにわたし今の仕事楽しいので充分ハッピー。だから社会や回りのこと全くもって意識してません。人それぞれ価値観が違うから万人受けするなんてありえないと思うし。
 

それと私の周りで、この人すごいなぁとか尊敬するわと思う人の大半が、やっぱり回りの評価にまるでこだわってない人のような気がしてます。
 

そんなわけで他人の評価とか気にしない方が、むしろ周りが評価するような気がしなくもない今日この頃ですわ。

人の評価なんて移り変わるので元から当てになるもんじゃないよ〜〜、
てな訳で今日もいい天気♪
 



2019年04月19日 10:12

昨夜長女と話をしたときのこと。

長女の知り合いでもあるミュージシャンのダースレイダー氏という人が、ピエール滝の逮捕で音楽業界がCD等の発売を自粛したことについて、問題提起をする記者会見を行ったのだが、それを取り上げたテレビ番組バイキングにおいてお笑い芸人のおぎ氏が、彼のファッションなどを揶揄する発言をした事で、ネットなどでも炎上が起こっている。

ダースレイダー氏は脳梗塞の合併症により片目を失明している。派手な眼帯は彼のトレードマークでもあり、眼帯のブランドを立ち上げていたりする。その派手な眼帯の姿をおぎ氏が揶揄してしまったわけである。

ダースレーダー氏が片目を失明している障害者であることを知っている長女は、番組を偶然見て非常に嫌な思いがしたと言っていた。しかし、当人は全く気にしておらず、曰く、「慣れている」とのこと。長女によると、この方は大変頭の良い方で人間的にも非常にいい人とのこと。
https://ototototo.com/dacereida_gantai417/

高学歴のはず、と娘は言っていたが、後で調べると、東京大学教養学部文科粁爐鮹翅燹(中退でも東大・・・)

そんな話を聞いていて、数日前に私に対して障害者を差別する発言をした人がいたときに、怒りと惨めな心境になった自分自身を、まだまだだなと思った次第。
https://twitter.com/nyao_morita/status/1118012503542255616


以下、彼のツイッターからいくつかピックアップ。

「ちなみに僕はド派手な病人が信条で、弱々しく大人しい病人イメージの固定化に抗うもの(ガッツ風)。派手な眼帯もそうなので、ファーストインパクトは想定済みです。NEWS RAP JAPANでも毎週コメで言われてたし。だから全く怒ったりしてませんが、僕の為に怒ってくれてる皆さんには感謝です!」

「以前、ナイトクルージングのトークショーの後に片目が見えない方から「何故わざわざ派手な眼帯で周りに知られるようにするのか?」と質問された。もちろん、わざわざ知らせないでも良いんですが。今回のような事があれば、なるほど世の中には片方の目が見えない人もいるんだなと気づく人は増えます。」

「僕の眼帯ブランド、OGK。夢は医療系メーカーとのコラボです。興味ある方は是非何かやりましょう!ド派手な病人目指して!
https://ogkogk.com/



私も今後は、ド派手な病人おばさんを目指し精進します。m(_ _)m


☆著書のご案内☆
アクセス解析
アクセス解析
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード