2019年01月14日

前から感じてることシリーズ。

世の中は、弱き善人に対し理不尽に出来ているなぁと思う。だからいい人を貫くには、そのいい人を守る別のだれかの存在が不可欠になる。ひとりでいい人のまま生きるのは危険すぎる。悪い人の餌食になりやすいからね。

誰かに守られ生きるのか、自分自身が守る立場になるのかの選択で、後者の立場を選び私は弱き善人をかなり前に辞めている。近寄る悪人は返り討ちにするよ?とか言いまくりつつ生てマース。ホーホホホ

だから、いつまでも誰かに守られ甘えてる人の事はあんまり好きじゃない。いい加減自分の事は自分でなんとかしなさいよとか思ったり。

でもそれよりもっと許せないのは、いい人を騙したり泣かしたりして餌食にする人達の事である。昔から、そういう善人面の悪人は懲りずに湧いて出る。やっていい事と悪い事の区別つかない、おまけに弱さを武器にしているような悪人はマジぶっ飛ばしたくなる。

そういう人たちに泣かされる人を少しでも減らしたい。だからこそ、守られてばかりじゃダメだよ、誰のせいにもせず自分で立てる人にならなきゃネ。​

いい人の皆さん、弱い善人やめましょう♪

2019年01月11日

前から感じてることシリーズ。

友人が、最近「キラキラ起業女子」が増えていると書いていた。マジそれ思う。起業女子系ネットワークとかにハメられ高い金を取られ、仲間内だけで褒め合って、狭い世界でイイ気分に浸るという、マジで超絶キモイ世界です。

そういうところで失敗するのも経験値の一つとして、次のステップに行く人はいいのです。というか、本当に起業を維持できる人はいずれそうなるので、それはそれでいいわけです。高い授業料ってことで経験値になりますから。

しかし、最初から無理っぽい人達に夢を見せ金をとるビジネスは詐欺です!

起業はキラキラなんかしてませんゼ。
ひたすら地道な努力の積み重ねと、人に頭を下げまくる覚悟と、馬車馬のごとく寝ないでも働き、泣くときは一人、自分で涙を拭きひとりでも立ち上がるガッツないとダメっす。

時々は、プリ・リッチなホテルランチ食べるのも、たまにはそれもいいよね、ストレス発散に。
でも普段は朝起きたら仕事デスクに直行っす、頭の中オッサンですわ、起業家女子の現実はそんなもんだよ。



起業目指す女子に告ぐ。



キラキラなど捨てて、死ぬ気で仕事しまくんなきゃダメ。
少なくても起業5年間は馬車馬のごとく働くのが基本。
泣くほど辛いことがあってもひとりで立ち直れ!

人の何倍ものガッツでチャレンジする覚悟持て!

↑一応、これ応援メッセージです♪

起業19年のおばはんより



2018年12月30日

2018年もあと数日で無事に暮れる年末。今年も無事に終えることが出来て、ありがたき事ですわ。

この1年を振り返ると、とにかく忙しかった、という言葉に尽きる。昨年から引き続き仕事超忙しくひたすらに猛烈な勢いで原稿を書きまくる日々だった。尤も、これは私だけでなく保険系の文章書く人はみんな同じく多忙の模様。世の中が保険解説文を必要としている?らしい。

仕事全然ナッシングという時期も経験あるので、こう仕事が多いと、ありがたき幸せを感じると同時に、この状況いつまで続くのかなあという懸念も同時に感じている。こういうハヤリみたいなものは波があるからね。

とりあえず今は今の仕事山ほどある環境を満喫しとこうと思うが、次の時代のことを考えていかないと…、とぼんやりながら数年先を見ている自分。時代は常に動くもの。だから変化なきものには衰退の道が待っている。これはいつの時代も、どんなものでも、場所でも、規模の大小にかかわらず共通していると思う。

でも私はほんとは地味にコツコツ積み重ねや継続が大好きで、変化しまくるの得意じゃないのよね。それでも、自ら変化しないものに未来はないという理屈だけはよーくわかる、理屈だけはネ(^^;

実は年末に新たな分野の仕事の打診があり、得意じゃないから…と最初は遠慮気味だったが先方様の熱心なメールを受けて、挑戦してみようかな…という方向に気持ちが傾きかけている。目指せプチ変化への挑戦!
まだ未確定ではあるが、決まったらいずれ報告するので乞うご期待。


ところで今年2018年の春、長年参画してきたインスウオッチ(保険業化向け有料メールマガジン)の代表取締役に就任した。自社エヌワンエージェンシーインスウオッチ、2社の有限会社の代表兼務となった私。

代表になったことを期に、インスウオッチではこの一年で実務管理作業などのシステム化を進め自分含むメンバーの労働時間を効率化する改革を図る、という足固め的なことをしてきた。また、私自身も新たな業務が増えたため他の業務とのバランスをどうとるかなど、感覚を掴むのにやや時間を要してきたがボチボチ慣れてきたところである。インスウオッチは中崎章夫氏と石井秀樹氏という業界重鎮の両ジャーナリストという看板あっての媒体であるため、お二人に長く頑張って頂ける環境を整える事が私のミッションと考えている。来年度も、両氏が更に仕事しやすいようプチ改革を考えていく。

という具合に、日々原稿を書きつつも、システム管理・経理&収支管理、外部との打ち合わせ、更には保険営業など、複数の業務を同時進行するという仕事のやり方をしている。尤も、性格的に色々なことに興味津々で落ち着きなく散漫な私には複数同時進行が合っているのだろう。来年も、このまま落ち着きなく生きていくと思う(笑)



そういえば、先日初稿を書き終えたばかりの書籍は、多分年明け校正などをして初春頃には出版になる。6冊目の著書が出るのうれしい。


そんなわけで、2018年も無事に暮れてめでたい。皆様のお陰と、私を取り巻くすべての人達に心から感謝している。来年も粛々と、そして常に興味津々?で、お引き受けした仕事に感謝し心を込めて取り組みたいと思う。

みなみな様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m




2018年10月10日

保険ジャーナリストとして物書き業しているので、基本的に公平な視点で商品の分析や保険会社の傾向などを見るようにしてるが、そう言いながら、実は個人的に愛着のある保険会社も数社ある。


でも、そう言う保険会社ほどなぜか私に冷たい(苦笑)


私が元々は保険の販売や営業もやってたので、営業現場をよく知っているという事が多分影響していると思われる。ま、確かに裏も表も知ってはいるけどネ、ほほほ


でも私って意外とオトナなので現場のアレコレで根に持ったりとか全くしないのよね。むしろ営業で関わった期間が長い保険会社ほど愛着の対象。私としては感謝してるぐらいよ。


なのに、愛する人には振り向いてもらえない、まあそんなものかもw


いつも親切にしてくださる保険会社さんの商品について書く機会は、もちろんそれなりに多くはなる。積極的に情報提供して下さるお陰で原稿書けるので自然にそうなるわけで。


でも情報提供ナシでもそこそこは書ける。リリース見ればとくに生保商品の事は理解出来るのよ、元の保険営業時代から保険証券分析は大得意だったからネ。・・・それも原因かしら?(^^;;


自分のせいかwwwしょぼん(´・ω・`)


画像は保険毎日新聞で以前使ってたものです。たまごのワタシ

origin1300161825610






2018年10月05日

保険毎日新聞(業界新聞)での連載が222回目というゾロ目達成(^^;;

2という数字が好きなのでナニゲに嬉しい。

11年続く連載で現在も月2回掲載中コラム「生保営業のひよこ」。業界の皆様是非読んでネ

業界では「ひよこの人」と呼ばれてるらしい私です 。

174E9006-CE31-436C-B452-D0D781EC90FE



こちらの書籍もよろしくおねがいします。

04-03
Amazon購入↓
 
https://goo.gl/ZTcWL1



☆著書のご案内☆
タグクラウド
アクセス解析
アクセス解析
アクセス


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード